競艇で稼ぎたい人が読むブログ【全記事5分でわかる動画付き】

競艇・ボートレースで死亡事故。 松本勝也選手が死亡。詳細まとめ。ご冥福をお祈りします。

こんにちは。

ギタロウです。

競艇ボートレースの選手は危険と隣あわせ。

我々に興奮を与えてくれている選手の皆さんはいつも命がけでレースしています。

2020年の2月、そんな競艇ボートレースで起こってほしくない死亡事故があったそうですね…。

亡くなったのは松本勝也選手。

ご冥福をお祈りします。

競艇ボートレース死亡事故

日時は2020年2月9日 午後。

尼崎ボートレース場(兵庫県尼崎市)で、ボートレーサーの松本勝也選手(48)がレース中に転覆。

後続艇と接触して病院へと搬送されたが、

2020年2月9日に午後4時12分、西宮市内の病院で死亡が確認されました。

以下Livedoorニュースからの引用。

尼崎ボートレースで転覆事故 松本勝也選手が死亡、後続艇と接触 人望厚いベテラン

尼崎ボートレース場(兵庫県尼崎市)で、ボートレーサーの松本勝也選手(48)がレース中に転覆。後続艇と接触して病院へと搬送されたが、午後4時12分、西宮市内の病院で死亡が確認された。

「第63回近畿地区選手権競走」と銘打って行われた、強豪が集うG1競走の第4日、第9レースの1周2マークでの出来事だった。

関係者によると、事故後に直ちにレスキュー艇によって救助されたが心肺停止の状態。AEDなどで蘇生作業を行ったが実らなかった。

松本選手は丁寧な物腰で、人望も厚いベテランだった。SGやG1での優勝こそなかったが、ビッグレースの優勝戦にもコンスタントに乗る一流選手。96年から24年間、ボート界最高クラスのA1級をキープしていた。この日の第12レース終了後に関係者から選手班長に死亡が伝えられ、一報を耳にして涙を流す選手も大勢いた。

レース開催中の選手事故死は、13年11月の下関ボートレース場での鈴木詔子選手以来で31人目。ボートレース尼崎では04年以来2回目の死亡事故だった。

大変痛ましいですね…。

悲しいです。

改めてご冥福をお祈りします。

死亡事故の映像。

ショッキングなので、直視できません…。

見たい方はYouTubeへ。

松本勝也選手のプロフィール。

競艇,ボートレース,死亡事故,死亡,松本勝也

松本 勝也(まつもと かつや)

・登録番号3529

・1971年9月1日

・兵庫県出身

・身長162cm

・血液型O型

・68期生。

・A1級

大平誉史明選手のプロフィール

大平よしあき,競艇,ボートレース,死亡事故,死亡,松本勝也

・登録番号 3439

・生年月日 1969/07/18

・身長 162cm

・血液型 A型

・支部 大阪

・出身地 大阪府

・登録期 65期

・A1級

競艇ボートレースは過去60年で31件の死亡事故。

住之江SG,住之江,ボートレース,オールスター,篠崎仁志

競艇は直線コースだと時速80キロも出ます。

これが事故を起こすとなるとかなり危険なことは想像できます。

このスピードで転覆した場合、いくら水とはいえコンクリートに叩きつけられたのと同じくらいの衝撃があるそうです。

競艇ボートレースの死亡事故は過去60年で31件です。

今後このような事故が起こらないことを心から祈っております。

選手の皆さんの無事をお祈りします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログの内容が5分でわかる動画はこちら。
ギタロウのYouTube